日本人の発音がネイティヴのように聞こえないのはなぜ?

 

英語を話す時間が足りない

 

日本人の英語はなぜネイティヴのように滑らかな発音に聞こえないのでしょうか?

それは英単語の一つ一つが、途切れてしまっているというのが一番の原因なんです。

また日本人が英語をしゃべると、どうしても日本語のなまりが残ります。

 

 

スポンサーリンク

 

英語を滑らかに発音するコツとは?

 

英語というのは音がゆるやかにフェードアウトして、そこに新しい単語つながるような感じです。

だからとてもなめらかに聞こえるんですね。

 

英文が一つの長い単語のように聞こえるのはこのように発音されているからなんです。

ということはネイティヴのように滑らかに英語を話したいのなら、一つ一つの単語で区切るのではなく重ねるように発音してみて下さい。

 

そのためにはある程度話す言葉を覚えておかなければ、重なるような滑らかな英会話は難しいでしょう。

 

英語では英単語と英単語の間に区切りは存在しないというイメージで発音するといいです。

単語の最後の子音よ次の母音はつなげる感じで話す。

 

●I have my bag and camara

アイ ハヴァ マイ バッガンダ キャメラ

 

みたいな感じですね!

つながる音というのはある程度パターンがあるので、それさえ暗記してしまえば後は音読して口の動きを体に覚えさせるだけです。

そして息を深く吸って単語を長く発音し、次の単語を重ねるように話す。

また、滑らかに話す”ということは、”英語を話すスピードが速くなる”ということにもつながります。

英語でよく使われるフレーズは話しやすい形に変えられている場合があります。

 

スポンサーリンク

 

例えば

 want to ~(~したい)は、 I wanna(ワナ)

 

be going to ~(~するつもりです)going to の部分が gonna(ゴナ)

 

これらは知らなかったら、元のフレーズが何なのか分かりませんね?

 

そうなると何が起こるか?

 

リスニングができないのです。単語自体は知っていてもつながる音を知らなればリスニングはできません。

 

このようなフレーズを覚えることも滑らかに話すコツとリスニング力を上達させるポイントと言えます。

あとは何度も同じフレーズを繰り返し音読して口の余計な筋肉に力が入らないように話す練習をすることが大切です。

 

英語の発音

 

 

日本語も毎日声に出して話しているからこそ、滑らかに話すことができていますよね?

 

英語だって同じです。

 

いくら知識が豊富でも、音読というアウトプットをしないと滑らかに話すことなんてできません。

 

以上がネイティヴのように、英会話をなめらかに話すポイントです。

今まで何となく英語を音読していた人も今日からこのポイントを意識しながら発音してみてくださいね。

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

・英語の発音記号の覚え方のコツ!なぜリスニングも上達する?

 

・たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。