スポンサーリンク

 

みなさん、「Good」 と聞いて、すぐに思いつくのは何ですか?

普通は「よい」という意味が一番に思いつくのでないでしょうか。

しかし、今日は「よい」という意味以外で使われる「good」の使い方をお伝えしますね!

good

今の状態で構わないという意味があります。

「 Do you want something to eat? 」

何か食べる?

「 No. I’m good. Thanks. 」

いや、いらないよ。

こういった会話って、皆さんも日本語でよく使いますよね?

◯◯はどう? 「ありがとう。でも今はいいや。」みたいな感じですね。

 

スポンサーリンク

 

他には

How is your work?   
仕事はどんな感じ?

So far, so good.
今のところは順調だよ。という意味になります。

ちなみに「so far」には、「今までは、今のところ」という意味ですので
それに「good」がついて「今のところは順調(よい)」という意味になります。

今日はこの「good」の使い方をマスターしましょう!

日本語でこういうシチュエーションがあったら、

ぜひ何度も音読して自分のものにして下さいね!

 

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。