現在完了形という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

今日は理屈で勉強するより実際によく使うネイティヴ会話から
現在完了形を学んでみましょう!

遊園地に家族で行った時、ママがちょっと目を離した隙に
子供がいなくなってしまいました。
心配になって、パパと探し回っていたらひょっこり帰ってきました。

・Where have you been?   どこに行ってたの?
・I’ve been looking for you. ずっと探していたんだよ。

スポンサード リンク

[ad#kijinaka]

★where + have you been?

これは、ある過去の時点(いなくなってから)から今まで(見つかるまで)
どこにいたの?ということです。

この『I’ve (=I have) been looking for you.』 は現在完了進行形の文章になります。
『いなくなってから今まで』ずっと探していた、それは『たった今』まで続いていました。

このような場合、現在完了進行形になります。
探していた行為は、子供を見つけた時点で終わりましたが
直前まで続いていて現在の状況とつながっているときには現在完了進行形が使われます。

 

34-3
以上の文法を頭で理解するよりも
「どこに行ってたの?ずっと探していたんだよ。」
と実際に自分が使っているシーンをイメージして

『Where have you been? I’ve been looking for you.』

の文章を音読しながら丸ごと覚えましょう。
こういう日常でよく使う文は感覚で丸暗記してしまった方が
いざそのようなシチュエーションになったときに考えなくても出てくるようになります。

文章をただ単に丸暗記するのではなく
そのシチュエーションを想像しながら何度も音読すると脳に定着しますよ^^

[note]☆今日のワンポイントレッスン

I have been waiting for you!

待っていました

[/note]

スポンサード リンク

[ad#kijisita]

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。