スポンサーリンク

 

英語を流暢に話すには、帰国子女や留学の経験がないとダメなのでしょうか?

結論から言いますとそれは違います。

なぜなら、そのような経験がなくとも英語を流暢に話せるようになった人はたくさんいるからです。

あなたも、その人たちのやってきた勉強法を
ヒントに努力すれば必ず話せるようになります。

本日から日本から出たことのない人達が海外でも通用するレベルの英語力を身につけた3つの方法をお伝えしたいと思います。

 

 
 ①英語の基本的知識
 →単語、熟語、文法などの基本的なことを学ぶ
 
② 実用的な英会話のインプット

 →実際に会話や日常生活で使われる表現や、自分が覚えやすい表現を
 なるべくたくさんインプットする。

<具体的なサービス・学習法>

・アプリ
・NHKラジオ英会話
・海外ドラマや映画のセリフを覚える

③ 実践会話トレーニング(アウトプット)
 →①と②で習得した知識はそのままでは、意味がありません。
  それを使ってアウトプットする(話す)ことで記憶に残し
      実践で使えるものとなっていくのです。

<具体的なサービス・学習法>

・オンライン英会話教室
・英会話カフェ

 

スポンサーリンク

 
①については、中学高校で授業として習っているので
知識としては0ではないはずです。
しかしその後の②と③のステップについてはどうでしょうか?
 
日本に住んでいる普通の人なら英語を毎日聴く機会ありますか?
英語を毎日話すことはありますか?


あなたが今まで生きてきて、どれくらいの時間を英会話に費やしたでしょうか?日本語と比べるとどうですか?

conversation-1024x922

実は多くの人が「実用的な英会話」を経験しないために
知識があっても話すことができないのです。

日頃から口に出さない言葉がいきなり話せるはずがないですよね?


次回は、②と③のステップをどうのようにして実践するのか、

その具体的な学習法についてお伝えしていきますね。

 

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。