I knowの使い方と例文

 

普段の生活で、とてもよく使われる単語の使い方をご紹介します。

それは『know』 です。

 

この『know』という単語はみなさんも知っていますよね?

通常は「知る」という意味で使います。

 

『Let me know.』(知らせてね。)

『I’ll let you know later.』(後で教えるね。)

 

のような使い方ですね。

今回はそれとは違った使い方ですがよく出てくる使い方をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

例えば、明日は仕事や学校が休みの場合『I have a day off tomorrow!』と友達に言うとその友達は私に『うん!そうだね!』と嬉しそうに言いました。

そのような場合は英語ではどのように表現するのでしょうか?

 

答えは

「I know that.」

こういう場合「know」には「うん知ってるよ!嬉しいね」という意味で使われます。

相手の話の内容に同意するときに使います。

 

I KNOW 使い方

また他のシチュエーションでは「彼は失礼な人なのよ。」と言う友達に対して、あなたが「だよね!」と言う場合は

 

「He is arude man.」


「Yeah, I know.」

という風に相手に対して同意するわけです。

 

他の使い方としては『I know.』は、あることを急に思いついたときに使います。
日本語で「あ、そうだ!」と言うときなどですね。

 

あなたが友達とどこに行くか迷っていました。

「どこに行く?」と聞かれて「あ、そうだ!新しくできたカフェに行かない?」と答える場合

I know, let’s go to a new coffee  shop.」

 

他にはHow about ~?を使っても同じ意味になります。

「 I know, how about going to a new coffee shop?」

 

友達と話すときなど軽い表現で同意する時『I know.』と言ってみましょう。


また「あ、そうだ!」と思いついた時には元気よく『I know.』で表現します。

 

他には「I know what you mean」で「あなたがいいたいことはわかるよ」という使い方をします。

 

I knowにthatがつくと意味が変わる

 

I know thatの意味

 

スポンサーリンク

 

このI knowにthatがつくと、また違った意味になってきます。

I know that.と言った場合は

 

「そんなことは分かってるって(だからなんだよ!)」

 

「言われなくたってわかってるよ」

みたいなニュアンスになってしまい、これを知らずに使ってしまうと相手に対して失礼な言葉になるのでご注意を。

 

同じ単語ですが言い方次第で意味が変わるので注意してください。


日常生活でよく使う表現ですので、しっかりマスターしてくださいね!

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

・映画を英語の勉強法で使う効果的な方法とは?

・You know「文頭・文中・文末」の3つの意味とは?

・たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

 

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。