前回ご紹介した『know』ですが
今回は『know about』との翻訳の違いをお伝えしたいと思います。
日本語では、いずれも「知っている」という意味ですが、微妙にニュアンスが違ってきます。

『know about』はどういう場合に使うのでしょうか?

スポンサード リンク

[ad#kijinaka]

例えば、新しい電化商品が出た場合『Do you know ○○(商品名)?』
あなたは◯◯を知っていますか?
という意味になりますが

『Do you know about ○○(商品名)?』
の場合、その商品自体を知っているか?ではなく

その商品についての機能や値段
使い方など詳細について知っているかという意味になります。

要するに商品自体をを知っているかどうかを単に聞くだけなら
『Do you know ○○?』で問題ないのですが
「その商品について詳細を知っている?」というニュアンスで質問するなら
『Do you know about ○○?』になるんですね。

『about』は 「~について」という意味なので納得できると思います。

まとめると以下のようになります。

inform_hero

★『know』
(それ)を知っている、気がついていること、分かっていること。
(過去に会ったことある、または知り合いなので)(その人)を知っていること。

★『know about』
(そのこと・もの)や(その人)について
細かい情報やいろんな知識を持っていること
そのことについて詳しいこと

『know about』の使い方はご理解いただけたでしょうか。
あなたがもし質問されたときに答える内容が全く違ってくると思います。
今回ご紹介した使い方が参考になれば幸いです。

スポンサード リンク

[ad#kijisita]

[note]☆今日のワンポイントレッスン

•If you know about that, please let me know.

もしそれについてあなたが知っていたら教えて下さい。

[/note]

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。