スポンサーリンク

Google翻訳を使うための5つのポイント

 

翻訳にとても便利でしかも無料で使えるGoogle翻訳サイトを知っていますか?

 

 

日本語から英語へ、または英語から日本語へ、さらに英語以外の言語にも翻訳してくれる便利なツールです。

しかし、この便利なツールも使い方にちょっとコツがいります。
適当に日本語を入力しても変な翻訳になってしまいます。

 

今回はこのツールを上手に使うため使コツをご紹介します。

 

翻訳ツールを使ったことがある人は分かると思いますが実際翻訳に使うと、おかし文章に変換されることが多いようですね。
特に長い文章になると、ほとんど意味が通じない文に変換されてしまうようです。

 

images


例文をGoogle 翻訳で変換してみると

・仕事が終わっていない。
Work does not end.

 

なんだかよく意味が分からない英文ですね

 

・私はまだ仕事を終えていない。
 I have not finished my homework yet.
主語を入れると、正しい文章になりますね。

 

・ご飯を食べている。
I have ate.
これも文法的に変ですね。

 

 ・夕食を食べている。
I have dinner.

 

・今、夕食ご飯を食べている。
 Now, I’m eating lunch.

 

・夕食を食べに行くところ。
 Where you go to eat lunch.

スポンサーリンク

 

疑問文のような形になってしまいます。
(ところ)の部分がwhere と翻訳されてしまうようです。

 

・夕食を食べに行きます。
 I’m going to eat lunch.

 

それほど悪くはないのですが、通常は
I’m going for lunch.
と言います。

 

以上のように日本語を入力するときに少しコツが必要なようです。

 

★正しい翻訳をするためのポイント

 

(1)文章に必ず主語を入れる

 

(2)誰がその行動をするのか
「仕事が」→「私は仕事を」

 

(3)日本語特有の表現かどうかを考えて必要なら他の言い回しで試してみる

 

(4)抽象的な言葉は、具体的に
「ごはん」→「晩ご飯」「夕食」

 

(5)最後に翻訳した英文が正しいか分からない人は今度はその英文をそのまま日本語に変換してみてください。

それで日本語訳がおかしいようなら、上手く翻訳されていないということになります。

その場合は(3)のように他の日本語で試したり主語や目的語の位置を確かめてみてくださいね。

 

以上のポイントを参考に翻訳サイトを使ってみて下さいね。

ちなみに最近のGoogle翻訳サイトは以前に比べるとかなり翻訳の精度が高くなったそうです。

上手く利用すれば、とても役に立つサイトですのでぜひ英語学習の参考にしてみてくださいね!

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

英語翻訳が一番正確なサイトは?翻訳精度を上げる5つのポイントとは?

 

おすすめ!英語翻訳アプリと長文翻訳のツールはコレ!

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。