英語を最短で話せるようになる60フレーズとは

 

英語60フレーズ

 

英語が話せるようになりたくて、自分なりに頑張って勉強しているけどなかなか話せるようにならない・・・

どんな勉強が効果的なのか分からない・・・

など英会話に関する悩みはあなたもあると思います。

 

英語が最短で話せるようになる勉強法とは一体どういった方法なのでしょうか?

 

もしあなたが英語が普通に話せるようになったら仕事の種類が増えたり、友達の輪が広がったり、海外旅行も倍以上楽しめることができるでしょう。

 

そして、あなたが英語をペラペラと話している姿を見ると周りの人も羨望のまなざしで見るようになります。

しかし、英語を最短で話すなんて、努力なしには無理なことはあなたも分かっているはずです。

 

 

では努力すれば、誰でも英語が最短で話せるようになるのでしょうか?

 

それは違います。

 

間違った勉強法ではいつまでたっても英語が話せない

 

間違った方向にいくら努力しても、英語はいつまでたっても上達しません。

 

例えば、文法ばかり勉強したり、英単語ばかりをつめこんでも、いざ英会話となるとまったく口が動かないでしょう。

 

頭では分かっていても、言葉にならない。

 

たとえれば、スポーツの本を何冊読んだところで、そのスポーツが上達しないのと同じことなんです。

 

英語もスポーツと同じで口を動かして、声に出して、自分の耳で聞いて、初めて上達するものなんです。

知識ばかりつめこんでも、やはり実践がなければ役には立たないのです。

 

それに文法を気にしすぎると、細かいことが気になって話したいことも口から出てこなくなります。

 

頭の中で、「主語の次は動詞で、え~と、それから 目的語で・・・」なんて毎回考えるわけにはいきませんよね?

 

日本語を話すときって、そんなこと考えてないでしょ?

 

英語もそれとまったく同じなんです。

 

 

また、流行りの「英語を聞き流すだけで話せるようになる」というものは結論から言うと、あまり効果はありません。

というより、それだけでは話せるようにはなりません。

 

それは、聞き流すという行為はインプットのみの学習だからです。

 

「聞き流しの効果」についてはこちらの記事に詳しく書いています。

必見!!英語を聞き流して効果は?オススメの方法はこれ!

 

先ほども言ったようにインプットだけではなく、アウトプットが重要なのです。

それじゃ、アウトプットができる英会話教室はどうなのか?

 

英会話教室なら外国人と話す機会があるし、会話やテキストなどでアウトプットの練習ができますね。

 

だけど英会話教室に通った人がみんな英語を最短で話せるようになったかというと

 

それも違います。

 

理由は

・毎日話すわけではないので圧倒的に時間が足りない

・インプットの量が少ない

・毎回自分が知っている言葉しか使わない

 

英会話が苦手

 

英語を話す時間が圧倒的に足りない

 

1回1時間英語を話すくらいではなかなか上達しません。

例えば英会話教室に週に1回通って勉強しても1日1時間を週に1回で1か月でたった4時間です。

1年間続けても、48時間にしかなりません。

それだけの時間で英語を最短で話せるようになるには難しいでしょう。

 

インプット量が少ない理由

 

英会話教室の教材の内容だけでは、インプット量が少なすぎます。

英語をペラペラになるには語彙が必要です。

 

あなたの周りにあるものをすべて英語で言ってみてください。

例えば冷蔵庫は「refrigerator」ですが、この単語をもし知らなかったら冷蔵庫という言葉を使う場面で「食べ物や飲み物を冷やす四角い大きな箱」のように、まるで「なぞなぞ」を出しているみたいな会話になってしまいます。

 

英会話をスムーズに話せるようになるには、たくさんの単語や熟語をインプットして使いこなせるようにならないといけません。

 

毎回知っている言葉しか使っていない

 

あなたが知っている単語や、言い回しを繰り返すだけでは、会話が広がりません。

これはインプットにも関係します。

 

単語を変えたりして、少しは他の言い方もできますが、根本的な解決法にはなっていません。

 

あなたが日常で話している会話はどうですか?

いろんな内容の話をたくさんの日本語を使って話しますよね?

 

昨日の出来事やおいしかった食べ物、旅行の話、誰かにムカついたこと、感動して泣いたことなど、相手と楽しくコミュニケーションをとるためにたくさんのフレーズが必要です。

 

考えてみてください。

 

あなたは今までどのくらいの時間英語で会話をしましたか?

 

毎日1時間以上話していますか?

 

 

それに比べて日本語はどうでしょう。

なにげない会話でも合計するとかなりの時間になるはずです。

もし誰とも話さない日があったとしても、頭の中ではいろいろと日本語で考えるはずです。

 

要するに英語を使って会話をした経験値が圧倒的に少ないのがすべての原因なんです。

 

英語を話す時間が足りない

 

それではどうしたら最短で英会話ができるようになるのでしょうか?

とにかくたくさんのフレーズを頭に詰め込めば何とかなるのでしょうか?

 

それは大きな間違いです。

 

 

英会話でお決まりのフレーズはたったの60種類だけ

スポンサーリンク

 

英会話をぺらぺらと流暢に話せるようになるには実はコツがあるんです。

それは、ネイティブがよく使う短い英語フレーズをそのまま覚えてしまうという方法です。

実はネイティブの英会話を分析してみるとあるフレーズがかなりの割合で繰り返されていることが分かっています。

 

もし、あなたもネイティブのようにスムーズに英語が話せるようになりたいのなら、よく使われる英会話のフレーズをそのまま身につけることで今までより流暢に英会話ができるようになります。

 

毎回、頭の中で日本語から英語に組み立てて話していると、話す速度は遅くなり相手の言っていることに集中することができず、何を言っているか理解できません。

 

ところが、この方法だと短い英会話のフレーズを丸ごと覚えているのでネイティブが使うお決まりのフレーズを話すだけでテンポよく英会話ができるようになるんです。

 

実際にこれだけでも十分に伝わる英会話が成り立ってしまうのです。

ネイティブはよく使う60のフレーズを頭で考えることなく話しています。

 

 

ネイティブが使う60のフレーズとは?

 

 

逆に言えば、この60のフレーズと例文をマスターすれば今までスムーズに話せなかった英会話がスラスラと話せるようになるんです。

 

60パターンにはそれぞれ10個の例文があります。

しかし全パターンとなると60フレーズ×10例文で600個の例文となってしまい、なかなかすべてを覚えるのは苦労しますよね?

 

しかし、この方法では通常の1.5倍と3倍の速度でリスニングすることで、脳が活性化され言語回路が構築されていきます。

普通に覚えるより遥かに記憶に残り、考えずに口から出てくるようになります。

 

英語と日本語のリスニングをする

テキストを見る

音読する(ネイティブが使う英文フレーズ)

 

このプロセスが英語脳を構築するパターンになります。

以下の60パータンを覚えるだけで、あなたの今の英語のフレーズが大幅に増えます。

これはネイティブの人たちがよく使っているフレーズを集めたものです。

 

 

ただ60種類といっても、使いこなせるようになるには難しいと思うかもしれませんね。

 

実際全てを覚えるのは、少し大変そうじゃないですか?

 

この60パターン、から600フレーズという英会話フレーズを簡単に記憶して使いこなせるようになる方法があります。

そして最短で英語が話せるようになる勉強法です。

 

日本人なら誰でもできる掛け算の「九九」ってありますよね?

これはあなたも何も考えなくても口からでてきますよね?

 

「九九」のように頭で考えることなく60フレーズが自然と口から出てくる方法を身につければいいのです。

最初はこの60フレーズも覚えるのに少し時間がかかります。でも「九九」だって小学生のとき覚えるのに苦労したはずです。

これをマスターすれば「九九」のように考えなくても英語がポンポン口から出てきます。あとは上の表のお決まりフレーズに続く「・・・・」部分の単語を入れ替えるだけ!

今までできなかった英会話がウソのようにできるようになります。

 

この「九九」にあたる部分を覚えないから英会話教室にいくら通っても話せることができないんです。

 

英会話室は1回のレッスンで3000円(グループ)~16000円(マンツーマン)の料金が相場となっています。

何度もレッスンを受けると、かなり高額な料金になってしまい金銭的にも大きな負担になってしまいます。

 

英会話教室が高い

 

年間にすると330,000円から950,000円という高額な料金が相場のようです。

こんなに高額な金額を払っても英語がほとんど話せない人はたくさんいます。

 

 

ネイティブの英会話は「59万語あると言われる中から毎回英単語を選んで、文法を正しく作りながら話している」のではありません。

ほとんどは「よく使う決まったフレーズをポンポン口に出しているだけ」なんです。

 

あなたも、普段話すときに頭の中で正しい文法なんて考えてないですよね?

 

英会話に不要な物は一切そぎ落としたシンプルなフレーズさえ身につければ後は掛け算と同じ要領で会話の幅がグッと広がりますよ!

ぜひこのやり方を身につけて最短で英語が話せるようになってくださいね!

次回は具体的な方法をお伝えしていきます

↓↓↓↓↓↓

60の英語フレーズを自由に使いこなせる方法とは?

 

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。