スポンサーリンク

 

英語であいさつされたときに自然でかっこいい返事や返し方をお伝えしますね!

あいさつと言えば友達や知り合いに会ったとき、またはお店で接客されたときなどがありますが
そんなときにスラっとシンプルで自然な返しができたらかっこいいですよね。

 

 

英語で自己紹介 社内 ビジネス

 

「Howから始まるあいさつ」と「Whatから始まるあいさつ」

 

まず最初に、英会話のあいさつは「Howから始まるあいさつ」と「Whatから始まるあいさつ」の2種類があることを知っておいてくださいね。

その2種類のあいさつの聞かれ方によって答え方も変わってくるんです。

「How~」 という英語で挨拶されたときはの答え方は?

「〇〇はどう?」という感じで聞かれています。

 

とうことは答え方としては

「GOOD!!」や「great!!」

という感じで「いいよ!」というあいさつの返しになります。

 

 

それでは「What~」というふうに英語で挨拶されたら?

「なにを?」という感じで聞かれています。

答え方としては

「Not too mucn」
「Not good」
「Not a lot」

のようにあいさつを返すのが普通です。

 

 

英語のあいさつでFine thank youって使えるの?

 

英語であいさつをされたときにあなたが学校で習った答え方はなんでしたか?

たぶんほとんどの人が「I’m Fine thank you.How are you?」
ではないでしょうか?

 

私も学生の時はそう習いました。

 

これは決して間違いではないんです。だけど実際にネイティブの外国人はこのように英語であいさつを返す人はあまりいません。

 

少し時代劇っぽいというか、古くさいというか、はっきり言ってしまうとダサい

 

という印象になってしまいます。

 

意味合いとしては「大丈夫です」みたいな挨拶になります。

 

スポンサーリンク

 

例えばあなたがレストランに行ったときに店員さんから

「Can I get you some more bread?」
(パンのお替りはいかがですか?)

という質問をされたときなんかに

「No I’m fine thank you.」
(いえ、だいじょうぶですよ。ありがとうございます)

 

という感じで使う言葉ですね。

 

それでは一番簡単なあいさつの返し方は

「How are you?」と聞かれたら

「Good! you?」です。

とてもシンプルでそれだけでいいの?と思う方もいるでしょう。
でも英語の挨拶はそこまで深く考えなくても大丈夫です。

 

英語であいさつの返事

 

でも相手が英語でこのように挨拶してきた場合はどうでしょう。

「How are you doing?」
     ↓
「I’m doing good.You?」


「How’s it going?」
    ↓
「It’s going good.You?」

文法的には相手のあいさつにあわせた答え方をしないといけません。

しかし「Good you.」だけだと
どちらのあいさつの返し方も文法的にOKなんです。

Good you.」だけだとちょっと物足りないかな?と思う方は
「Good. How about you?」
と返すといいですね。

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

英語であいさつ返事 What’s up? と聞かれたら?

 

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。