スポンサーリンク

 

英語の勉強法で初心者がやること

shouldとhad betterの使い方とニュアンスの違い

あなたはshouldとhad betterの使い方をなんとなく理解していませんか?

もしあなたが

Shouldは「すべきである」(強いアドバイス)

Had betterは「したほうがいい」(ソフトなアドバイス)

という思っていたらそれは大きな間違いです。

 

人に提案やアドバイス、あなたの意見を言うときに「〇〇すべきだよ」
という意味でshouldを使いますよね?

 

だけどshouldだけを使うと細かいニュアンスの違いで相手に勘違いされることもあります。

 

そのときに状況によってshouldの使い方に注意しないといけません。
では何を使うかというと、had betterです。

このフレーズも意味合いといしてはshouldと同じように「〇〇した方がいいよ」
という感じです。

 

 

スポンサーリンク

 

私の教室の生徒さんもこの2つの意味を結構逆に考えている人がいます。

shouldは「〜すべき」と訳すので、日本語的にはちょっと言い方がきついような感じがしますよね。
なので、使う場面によっては戸惑う方もいます。

 

もう1つのhad betterは「〜した方がいい」といったニュアンスですが
「行った方がいいんじゃないの?」のように比較的軽い感じで使えそうな気がします。
しかし実際には逆の意味合いになってきます。

 

shouldとhad betterの違いとは

 

shouldとhad betterはどう使い分ける?

 

ではshouldとhad betterは何がどう違うのでしょうか?

まずshouldは単にアドバイスや意見などを言う場合に使いますが

had betterは何か望ましくないようなことを避けるために使うことが多いです。

 

例えば風邪をひいた友達にかける言葉として「病院に行った方がいいよ」と言いたいなら

●You should go see a doctor.
というふうに使います。

 

それに対してスポーツ中に頭を強くぶつけた友達に対しては

●You had better go see doctor.

のほうがいいでしょう。


病院に行かないと悪化するような状況などはhad betterを使います。

shouldとhad betterの大きな違いとはshouldは「〇〇すべきだよ。」「〇〇した方がいいよ。」
といった好意的にアドバイスをしている感じに対しhad betterは「〇〇しないとやばいことになるよ。」といった脅しが含まれる表現になります。

 

ちなみにhad betterはネイティブの会話では省略して話すことが多いです。

 

I had better→I’d better
You had better→You’d better
というふうになります。

 

それでは例文です。

 

●外は雨が降っているので傘を持って行った方がいいよ。
You’d better bring an umbrella. It’s raining outside.

 

●テーブルにスマホを置いたままにしないほうがいいよ。ここは日本じゃないんだから。誰かに盗まれるよ。
You’d better not leave your smart phone on the table.This isn’t Japan.
Someone’s going to snag it.

 

●15分後にお客さんと待ち合わせがあるからそろそろ行かないと。
I’d better get going. I’m meeting a cliant in 15 minutes.

 

 
shouldとhad betterの違い、お分かりになったでしょうか?
同じような意味だけど、ニュアンスが微妙に違うということが分かっていただけたらOKです!!

 

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。