英語のリスニングでおすすめの方法とは?

リスニングで英語がバーッと流れているときに、毎回日本語に訳していると

 

・途中で訳が追い付かず話が分からなくなった経験はありませんか?


・知らない単語が出てきた瞬間にそこで頭が固まってしまったことはありませんか?

 

スポンサーリンク

 

前回は英語が聞き取れない原因と解決法をお伝えしましたが、今回は英語をリスニングして頭の中で日本語に訳さないおすすめの方法をお伝えします。


理解のスピードがついていけない=リスニングができない

逆を言えば前回お伝えした

「カタカナ発音の原因」

今回お伝えする

「頭の中で訳さない」

ということをマスターすればリスニングは簡単にレベルアップするんです。


それを解決するおすすめの練習方法は

 

「ディクテーション」と「3Pリスニング」です。

 

ディクテーションやシャドーイングはあなたが聞こえてきた音をそのままリピートする方法は有名なので知っている方もいるでしょう。

 

しかし!!

 

みなさん1つやっていないことがあるんです。

それはなんでしょうか?

 

答えはあなたが声に出した英語を録音していないということです。

 

スポンサーリンク

 


録音した英語の発音はCDやアプリなどのネイティブ発音と比較することができます。


比較してみて初めて自分の発音のおかしいところが修正できるんです。

 

ただ発音しているだけだとこの間違いになかなか気づくことはできません。


このリスニング練習を続けることで、あなたの頭の中にあるカタカナ英語が少しずつ

ネイティブ発音に変わってくるのが実感できるはずです。

 

リスニングでおすすめの方法

 

3pリスニングであなたの脳を英語脳に変える

次に英語の日本訳がついていかずリスニングができないという人は「3Pリスニング」です。

3POINTリスニングの3とは

・主語

・時制

・動詞


英語の90パーセント以上はこの主語、時制、動詞で話されています。

動詞の中には過去形や未来形があるので、時制も含まれていることがありますが

基本的に英語は

・だれが

・いつ

・なんなのか

というふうに話されています。

 

この3つのポイントを常に意識してリスニングしてください。

あなたが話すときもこの3つを意識して話します。

・私が

・いつ

・なにをする(した)のか


の3つの順番を意識して英会話をすると驚くほどリスニング力がアップしてきます。


それはあなたが話す3つの順番とネイティブが話す3つ順番が頭の中で一致するからなんです。


それはあなたの頭が英語脳になっていくということです。


英語が聞き取れないという人は今までそんなことは考えていなかったのではないでしょうか?

 

ただ闇雲にとにかく英語を聞きまくって英語に慣れようとしていたのではないでしょうか?

 

リスニングで聞き流すだけの練習法も間違いではありませんが、膨大な時間がかかります。


もっと効率よくリスニング力をアップしたいならこのおすすめの3Pリスニングを試してはいかがでしょうか。

 

主語、時制、動詞を頭にいれて意識しながらリスニングをしてみてください。

難しい英単語がわからなくても話の概要がわかるようになるはずです。

 

さらに英語脳を強化した人は英語の本を読むことです。この時毎回知らない単語を調べながら読まないでください。

分からない単語は飛ばしてどんどん読むこと。

 

①発音の矯正→②ヒアリングと語彙の増強→③多読

 

とにかく量をこなすことで感覚的に英語脳が出来上がってきます。

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

英語のリスニングを効果的にアップする2つの秘訣とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。