スポンサーリンク

 
 
 
助動詞must /have toはあなたもよく知っている助動詞だと思います。
 
「〜しなければいけない」
「〜する必要がある」
 
というように義務や必要を表すときに使います。
 
「だけどこの2つってどちらも同じ意味なのにどう違うの?」
 
って思ったことはないですか?
 
今回は助動詞のmustとhave toの違いと使い方について詳しくお伝えしていきますね!
 
 
助動詞must /haveの違い
 
 

mustとhave toの使い方と違いは?

 

同じ意味なのにmustとhave toの違いとは何なのでしょうか?

実は下記のようにその時の状況によって使い方が変わってくるのです。

 
 
must〜  〜しなければならない。
現在の義務や必要性があるときに使います。
 
 
I must go to school.
学校に行かなければならない。
 
I must attend the meeting.
会議に参加しないといけない。
 
 
 
それに対して  have to〜
 
規則のような決まり事やその時の状況から〜しなければならないときに使います。
 
I have to keep the promise.
約束を守らないといけない。
 
You have to get a license to drive a car.
車を運転するには免許を取らないといけないよ。
 
 

過去や未来を表すときは?

助動詞must /haveの違い

 
過去 had to〜
 
I had to apologize to her.
彼女に謝らなければいけなかった。
 
未来 will have to〜
 
You’ll have to go there tomorrow.
あなたは明日そこに行かないといけない。
 
過去や未来はmustを使うことができないので上記のような使い方になります
 

 

疑問文の場合は?

 

助動詞must /haveの違い

 
mustは助動詞なので、そのまま前に出すだけでOKです。
have toの場合はDo/Did/Doesから始めます。
 
Must  l go with you?
私があなたと行かなければいけないの?
 
Do I have to admission fee?
入場料金を払わないといけないの?
 
have to は同じ意味でhave got toと使われることもあります。会話によく出てくるので覚えておくといいでね。
このgotは過去形ですが、過去を表す意味ではないので注意してくださいね!
 

スポンサーリンク

 
You’ve got to be more strong.
もっと強くならないといけないよ。
 
ちなみにmustは仲のいい友達や親しい人に使うとこんな意味で使われることもあります。
 
You must go to the shop.
あの店にぜひ行ってね。
 
You must watch the movie.
その映画ぜひ見てみてね。
 

 

否定文で使う場合

助動詞must /haveの違い
 
 
must not〜
〜してはいけない
強い禁止を表します。
 
You must not take a picture in this area.
このエリアで写真を撮ってはいけません。
 
don’t have to〜
〜しなくていいよ
 
する必要がないことを表します。
need not〜でも同じ意味になります。
 
You don’t have to get up early tomorrow morning.
明日の朝は早起きしなくてもいいよ。
 

助動詞 have to/mustの覚え方とまとめ

・強い禁止 must not〜
〜してはいけない
 
・現在の義務や必要性 must〜
〜しなければならない。
 
・親しい人に You must〜
ぜひ〜してね!
 
・強い禁止 must not〜
〜してはいけない
 
・規則や状況からの義務 have to〜
〜しなければならない。
 
・不必要 don’t have to〜
〜しなくていいよ
 
・過去の義務 had to〜
〜しなければならなかった。
 
・未来の義務 will have to〜
〜しないといけない。
 

スポンサーリンク

 
 
 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。