英語フォニックス発音とは

 

英語を学ぶ上で重要なのは?

 

英語を学習する上でみなさんは何に重点を最も置いていますか?

リスニング、リーディング、文法、語彙でしょうか?

私は学生の頃に1年間イギリスに留学をしました。


日本で学んだリスニングやリーディング、文法は留学したての頃にとても役に立ちました。

しかしあるレベルまで達するとどうしても英語力を伸ばすことができないと痛感するようになりました。


その私が欠けている英語力とは英会話力でした。

 

スポンサーリンク

 


ある程度日本で文法やリスニング、リーディングを勉強していたので読み書きは他の外国人の方とも引けを取りません。

しかし英会話力となると、読み書きが私よりもできない外国人達の方が断然英語を駆使して難なく会話を楽しんでいたのです。

よく日本人はシャイで本当は英語を話せるのに恥ずかしがって小さな声で話すから英会話が成り立たないといった話を聞きます。


まさに私がその状態でした。

 


フォニックス発音法に衝撃を受けた


当時私は、英会話に全く自信がなかったのです。

そんな時現地校に通っている娘の教材を目にして目から鱗が落ちる程の衝撃を受けたのを覚えています。

その教材には「英語のフォニックス発音」についての学び方が書かれていました。

 

日本に住んでいる日本人の子供は教科書を使って日本語を学びますが、イギリスでも現地校では低学年のうちは徹底的に英語を学ぶことになります。

その中でもフォニックス発音とは英語のスペルを学んでいく方法で、この学習法を習得すると初めて見た英単語もネイティブの発音でスラッと読むことができてしまうのです。

私達はABCを「エイ、ビー、シー」と発音すると習ってきたかと思います。

しかしフォニックスの学習法に従うとABCは「ア、ブ、クッ」と発音します。


例えばBAGという単語。

私達が日本で習ったABCを使ってこの単語を読むと「ビーエイジー」となります。

しかしフォニックスの学習法を使うとこの単語は「ブアグッ」と発音し、これらを繋げて読むことでブァッグと発音することができます。

 

フォニックスを学べば知らない単語も読むことができる

スポンサーリンク

 


フォニックスの学習法を使えば、知らない単語でも読むことはできてしまうという現象が起きてしまうのです。

現に私の娘は意味の分からない単語もスラスラと読むことができ、綺麗な発音でその単語の意味を後で聞いてきます。

それまでフォニックス発音を知らなかった私にとってこの学習法は本当に画期的でした

あるレベルからどうしても先に進むことのできなかった私の英会話力も、このフォニックスという学習法を学んでから自身がつき、積極的に現地校のママ友と会話を楽しむことができるようになりました。

当然日本で学んだリーディングやリスニング、ライティングといった基礎がなければとっさに会話はできません。


しかしある程度のレベルまで達したのに今一つ英語ができないと感じている方は、私のようにフォニックスを学ぶことで劇的に英語力が更にレベルアップしていくかもしれません。

フォニックスを学ぶには参考書を買っても良いと思いますし、ネットや、You Tubeでフォニックス発音と検索するとフォニックスの発音方法が学べる動画がたくさん出てきます。

まずはフォニックスの発音表を確認し、その発音方法を学んでみてください。

知らない単語でもスラスラ読めてしまう自分にびっくりすることでしょう。

 

フォニックス発音表


フォニックス発音の仕方についてはこちらに詳しく書かれていますので、興味のある方は一度ご覧ください。

きれいな英語発音とフォニックスの秘密

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。