たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

スポンサーリンク

 

以前May I とCan you についてお伝えしましたが

本日はもっと詳しくお伝えしようと思います。

 

maxresdefault

★May I とCan you の違いは?

May I ~?の場合「~しても良いですか?」と相手に対して「許可」を取る意味で使われます。

それに対してCan I ~?は、「(あなたが)~できるか?」から意味です。

「自分が○○する事が可能かどうか」の許容範囲に対してを質問する

「~しても良いですか?」となります。

まとめるとcanは能力、mayは許可ということですね。

 

授業中にトイレに行きたくなった場合

May I go to the  bathroom?
トイレに行ってもいいですか?

相手に許可をもらっていますね?

 

 

スポンサーリンク

 

これがCan I go to the bathroom?だと

トイレに行くことができる能力があるか聞いていることになります。

ちょっとおかしな意味になってしましますよね?

 

can は通常「~できる」という意味ですね!

これがCan you になると「~してもらえますか?」という意味になります。

 

★Can you + 動詞 ~ (~してくれる?)

例えばキャッチボールをしていて、ボールを取り損なって
他の友達のところに転がっていった場合「ボールを取ってくれる?」と言ってみましょう。

・Can you pass me the ball?

「昼ご飯はパスタにしてくれる?」と言う場合

・Can you make pasta for lunch?

 

子供が音楽をガンガン鳴らしてうるさいので
少しボリュームを下げてもらいたいときは?

・Can you turn down the volume a little bit?

 

エアコンが効きすぎているで消してほしいときは?

・Can you turn off the air conditioner ?

 

外国の友達が日本食の作り方を教えて欲しいと聞いてきました。

・Can you tell me how to cook a Japanese food?

 

新しいゲームを買ったけど操作方法が難しいとき
「どうやってやるのか教えて」と友達に聞くときは?

・Can you tell me how to do that?

 上記のように「Can you〜」は、日頃から色んな
シチュエーションで使われていますね。

色々と応用できますので、ぜひ色んな場面を想像
しながら音読してみてくださいね!

ちなみに目上の人に頼むときは、Couldを使うと丁寧になります。
Can you~だと、もっと砕けた感じになります。

実際に英会話での使用頻度もが高いのでマスターしましょう

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら