英語の発音記号の覚え方

 

英語の発音記号は11個だけでいいってほんと?

 

英語の発音のコツさえつかめば、ネイティブが使う正しい発音で話せるようになり同時にリスニング力もアップすることは前回の記事でお伝えしましたね。

 

前回の記事はこちら

英語の発音記号の覚え方のコツ!なぜリスニングも上達する?

 

今回は英語の発音のコツの続きをお伝えしたいと思います。

英語という言語は日本ではカタカナで表すことが多いですが、そもそもそれが「間違いのもと!」なんです。

 

英語の発音というのは厳密に言えばカタカナでは表現できません。

 

英単語を見ただけでは発音が分からない単語っていっぱいありますよね?

例えば、こんな英単語

・doubt 

・knife

・through

無理やりカタカナで表すと、ダウト、ナイフ、スルーです。

でも、単語を見てみるとまったく発音しないアルファベットが入ってますよね?

knife(ナイフ)なんて「k」いらなくない?ってだれもが思ったことがあると思います( ;∀;)

doubt(ダウト)だって「b」いらないし・・・

 

「だから英語って嫌いなんだよ!」と英語アレルギーになる人の気持ちも分かります。

私も覚えるときに「クナイフ」とか「ドウブト」ってローマ字読みして覚えた記憶があります(笑)

 

 

電子辞書を引いたときに発音記号が必ず記載されていますが、その発音記号を見ても正しい発音がわからないという人はけっこういるようです。

 

発音記号にはアルファベットではない変な形の発音記号があるのでなんだか難しいものと思っていませんか?


英語の発音のコツはまず、この「変な形の発音記号」を覚えて練習することが大切です。

 

スポンサーリンク

 

発音記号で英語ではない変な形をした記号は

 

母音  ӕ ɑ ʌ ə ɔ

子音  ʃ ʒ θ ð ŋ j

 

 

実はたったこれだけです!

 

はい、たった11個しかないんですね!

 

 

残りはアルファベットと同じ発音がほとんどなので、アルファベットが読めるなら形を見ればほぼ分かると思います。

 

 

今まで英語の発音記号が難しいと思っていた人もこの11個の発音をしっかりとおぼえると読み方のコツがわかってくるはずです。

 

 

ただし、辞書によってさらに細かく区別し、別の記号を使っているものもあります。

ɪ(i) ɛ(e) ɚ(ər) ʊ または U (u)

 

だけど、基本的に英語の発音は先程の11個にローマ字を組み合わせただけで成り立っています。

 

母音を細かく分かると以下のようになりますが、基本的には11個を暗記してしまえばあとは応用になります。

 

発音記号表

 

 

発音記号の読み方と覚え方のコツとは?

 

 

それではこれらの発音記号の読み方をなるべく簡単に覚えやすく解説しますね。

 

「11個も暗記するの?」

 

って思う人も心配いりません。

 

今からお伝えする方法を知れば、簡単に発音が分かるようになります。

 

だって前回の記事では50個の発音記号があるってお伝えしましたから、それに比べればずいぶん減ったと思いませんか?

 

前回の記事はこちら

英語の発音記号の覚え方のコツ!なぜリスニングも上達する?

 

発音記号の意味を知れば、それぞれの単語の正しい発音がわかるようになります。


英語の発音記号 母音の覚え方

 

 

母音「ӕ」の発音

 

アとエの中間のような発音

cat【kӕt】 map【mӕp】などがこの発音になります。

 

catの発音

 

この変な発音記号をよく見てみると「ӕ」はaとeが合体してるのがわかりますか?

ということは発音はアとエの合体した発音と覚えましょう。

発音のコツとしては⼩さな「ェ」を「ア」の前につけるようにして発音します。

at(æ’t) (ət)

cat(kæ’t)

dam(dæ’m)

fan(fæ’n)

fat(fæ’t)

ham(hæ’m)

hat(hæ’t)

lack(læ’k)

lamb(læ’m)

 

 

スポンサーリンク

 

母音「ɑ」の発音

 

ɑという発音記号をよくみてください。

aに形は似ているけどでaではありませんね。ということは【a】の発音ではありません。

 

hot【hɑt】 clock 【klɑk】など単語自体は「o」のスペルで表されることが多い発音です。

 

 

この記号ってaとoが合体したように見えませんか?

 

とうことは、このɑという発音はアに近いオと覚えましょう。

 

アと発音するときのように口を大きく開けた状態でオと言ってみましょう。

 

発音のコツとしては口を「オ」の形で開いて「ア」と発音します。

ちょっと難しいですか?

慣れれば発音できるようになるので、例文を聞いて練習してみてくださいね。

 

office(ɔ’:fis)

on(ɑ’n)

orange(ɔ’:rinʤ)

hot(hɑ’t)

operation(ɑ`pəréiʃən)

hot(hɑ’t)

clock(klɑ’k)

 

母音「ʌ」の発音

 

英語の「ア」の発音はいくつかありますが、このʌの発音の覚え方は簡単です。

最も日本語の「ア」の音に近い音といえば覚えやすいでしょう。

love(lʌv)やbut(bʌt)などの発音になります。

loveの発音

 

発音のコツとしてはあまり口を開かないで、喉の奥で「ア」と発音するイメージです。

 

hut(hʌ’t)

cup(kʌ’p)

hungry(hʌ’ŋgri)

honey(hʌ’ni)

tub(tʌ’b)

 

 

母音「ɔ」の発音

 

ɔという発音記号ですoという文字を少し開いたようにも見えますね。

ɔの発音のコツはoより少し口を大きく縦に開いて喉の奥から「オー」と発音します。

 

この発音も先ほどと同じく日本語の「オ」を発音するときと同じと覚えればOKです。

 

law【lɔː】、talk【tɔːk】など

「aw」「al」などのスペルの場合はこの発音が多いです。

lawの発音

 

August(ɔ’:gəst)

all(ɔ’:l)

call(kɔ’:l)

bought(bɔ’:t)

caught(kɔ’:t)

 

 

母音「ə 」の発音

 

これは英語ではとても良く使われる音です

eを逆さまにしたような発音記号ですね。

 

head(hed)やpen(pen)、dress(dres)などの発音になります。

dressの発音

 

まず、普通に「エ」と発音してみてください。

その時の口の形は横広く、舌に少しだけ力が入っていますね?

 

əの発音のコツは、力が入っている舌をリラックスして発音することです。

 

するとアに少し近くなる発音になりませんか?

 

発音のコツとしては口を少し開いた状態で弱くリラックスして「ア」と発音します。

「ə」の部分はアクセントにならないことがほとんどです。

 

about(əˈbɑʊt)

common(kɑmən)

standard(stændəd) 

butter(bʌtər)

accuse,(əˈkjuːz)

banana,(bəˈnænə)

father(fɑð·ər)

camera(kæmrə)

 

英単語を発音するとき母音[ə]にはアクセントがつかず、母音[ʌ]には必ずアクセントがつきます。

これを知っておくだけでも、アクセントの位置に印をつけるといった試験問題があったら役立つはずです。

 

日本語にはない曖昧な音になるので最初は難しいかもしれませんが、お手本の音を何度も聞いて練習してみてくださいね。

 

ネイティブの正しい音声が聞きたい人はこちらのサイトで単語を入れれば聞くことができますよ。

さらにその単語を使った例文も同時に聞くことができる便利なサイトです。

↓↓↓↓↓↓↓

Forvo ホームページ

 

またネイティブの発音は映画や海外ドラマからも学ぶことができます。

好きな映画のフレーズを暗記することで正しい発音をマスターすると同時に英語力をアップすることもできるのがメリットです。

しかも楽しみながら学習できるので、英語の勉強の息抜きに映画を見るということもできます。

詳しく方法についてはこちらの記事をご覧ください。

・映画を英語の勉強法で使う効果的な方法とは?

 

 

なぜ?発音が良くなるとリスニングができる理由とは?

 

最初に言っておきますが、完全なネイティブ発音になることは12歳以降どんなに練習しても不可能です。

それは人間の脳の仕組みからして仕方のないことなのです。

しかし、ネイティブに近い発音になることは大人になっても練習次第で可能になるんです。

 

正しい発音ができると、リスニング力が飛躍的にアップするって知ってましたか?

なぜなら、人間というのは自分の口から発音できない音は耳で聞き取ることができないからなのです。

つまり、あなたが自分の口で発したことのないような音をいくら聞き流しても聞こえるようにはなりません。

 

ロシア語やフランス語を毎日聞き流して、いつか話せるようになる自信はありますか?

私は絶対にありません。

これは英語でも同じことがいえます。

 

日本人のカタカナ発音ではなく、ネイティブに近い発音ができるようになれば、今まで聞き取れなかった音が「スッ」っとウソのように入ってきます。

すると、相手の言っていることがわかるようになります。

正しい発音をマスターしてリスニングができれば、英会話で相手の言っていることが聞き取れるようになるし、英語の試験でも有利になります。

 

リスニングが苦手だった人はそのことに気づいていない人が多く、とにかく英語を聞きまくっている人がいますが、それは間違いです。

あなた自身の発音を矯正することがリスニングができるようになる一番の近道なんです。

 

言語学者の「スコットペリーさん」はこれまで25年間にわたり2000人以上の日本人の発音矯正を指導してきた方です。

スコットさんの日本語英語を矯正するトレーニングを行うことで飛躍的に発音とリスニングがアップします。

その練習法が「リスニングパワー」です。

リスニングパワーとは?

 

スポンサーリンク

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

翻訳機ili(イリー)の評価と口コミ、スマホアプリとどっちがおすすめ?

・英会話はたった60フレーズだけで話せるようになる

・発音、リスニング、TOEICはこのアプリで上達!

・映画を英語の勉強法で使う効果的な方法とは?

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。