スポンサーリンク

 

 

前回は「英単語を効率的に短期間で覚える方法」をお伝えしました。
人間の脳の短期記憶と長期記憶のお話はご理解できましたでしょうか。

今回は実際にその方法を詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

英単語を効率的に短期間で覚える方法

 

まず英単語の本ですが、1ページの右と左に英語、日本語が書かれている本を選んでください。

例えばこちらのような本ですね。

英単語を効率的に短期間で覚える本

 

赤や緑のシートで文字が消える本もおすすめです。
もしくは、ご自分で英単語にマーカーを引いても構いません

 

要はシートで文字が消えるか、紙などで隠せればOKです!

 

英単語の下に訳が書かれているものは効率が悪くなるので選ばないようにしてください。

 

最初に知っている英単語と知らない英単語の仕分けをします。

 

読み方がわからない英単語はカタカナでもいいのでフリガナを書いておきます。

 

前回お伝えしたように「耳で覚える」ためにはその英単語の読み方が必須となってきます。

 

英単語を効率的に短期間で覚えるには目だけでなく耳からの情報もかなり重要なことは前回お伝えしましたね。

 

前回の記事から読む方はこちら

【2秒1単語】英単語の効率的な覚え方

 

最初は時間がかかりますが、すべての英単語に目を通して分からない単語にはチェックを入れます。

 

さあ、準備が整いました。

 

それでは、英単語を効率的に短期間で覚える方法の実践です。

一番上の英単語の意味を隠して、英単語を読みます。

 

その単語の意味が分かったら声に出します。

 

そして次の単語も同様にやっていきます。

 

前回お伝えしたように1単語につき1秒から2秒しか時間はかけないでください。

 

おそらく1回覚えてたくらいでは、すぐに忘れてしまいます。
というか、それが目的でもあります。

 

その理由については前回の記事に詳しく書いています。

 

忘れることが英単語を効率的に覚える最初のステップでもあるんです。

 

すでに知っているチェックが入っていない単語は飛ばします。

 

スポンサーリンク

 

チェックの入っている知らない単語はいったん意味を見て声に出したらすぐに次の英単語に進みます。

途中で読み方がわからない単語や自信のないものについては、読み方を必ず調べましょう。

 

間違った読み方覚えてしまうと、あとあと苦労します。

 

この方法でどんどん進めていくと

 

10分間で平均、約300個の英単語に目を通すことができます。

 

1単語2秒×300単語=10分(600秒)


これを3セット行うと30分間かかります。

 

このセットで1日で3回300個の英単語を復習したことになります。

 

英単語を効率的に短期間で覚える

 

それを1週間続けてると、9割以上忘れることのない記憶となり、あなたの脳にこれらの英単語が定着します。

これが前回お伝えした短期記憶から長期記憶に変化した瞬間なんです。

英単語を効率的に短期間で覚えるポイントは

 

1単語に時間をかけずに必ず声に出して読む!

 

これだけです。

 

そして毎日やるということも大切です。


いきなり30分間はきついという人はまず10分間集中してやってもOKです。

勉強時間は関係ないのでとにかく、毎日やるということが重要なんです。


要するに同じ英単語を見る回数を増やせばいいのです。

 

では1週間やっても覚えきれなかった苦手な英単語はどうするのか?

 

まずその単語にチェックを入れて、それらの単語だけをノートに集めて同じ覚え方をしてみてください。

 

そして常に見られるように持っておく、もしくはスマホのカメラで撮っておくなどして時間があったら見直すようにしてください。

 

見る回数を増やせば必ず覚えることができます。

 

1週間経ったら、次は1週間後、2週間後と間をあけて復習すればもっと記憶に残りやすく忘れにくくなっていきます。

 

300単語=10分で復習できるので1時間かければなんと1800単語も復習できます。

だいたい1冊の単語帳は1時間あればすべて復習できます。

英単語を効率的に短期間で覚えるにはこの方法が一番おすすめですのでぜひ実践してみてくださいね!

 

前回の記事はこちら

必見!英単語を効率的に短期間で覚える方法とは?

 

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。