たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

スポンサーリンク

 

 

英語の助動詞の覚え方と使い方はイメージで

 

英語の助動詞はたくさんありますが、その覚え方と使い方が、いまいちよく分からないという人もいるのではないでしょうか?

今回は英語の助動詞の覚え方や種類をお伝えしたいと思います。

何度かにわたって助動詞をすべて説明していきますので、この機会にぜひ英語の助動詞の覚え方や使い方を知ってくださいね!

 

英語の助動詞の覚え方

 

英語の助動詞の中でもよく使われるものと言えば

「can・may・must・should」です。

 

英語の助動詞の覚え方は、それぞれ助動詞が持つ性格について、大まかでいいので頭の中にイメージすると覚えやすくなります。

 

 

それぞれの助動詞の使い方や意味はこれから詳しくお伝えします。

助動詞の持つ大まかなイメージはこんな感じになります。

 

can 〜が起こる可能性がある。

may 〜であってもかまわない

must 〜でないとおかしい。

should 〜であるのが当然だ。

 

(※助動詞の意味ではないので注意!)

 

 

英語の助動詞 基本的な使い方とは?

 

助動詞は【助動詞+動詞の原形】という形を覚えてくださいね。

 

She can speak english.

×She can speaks english.

 

否定形は助動詞のすぐ後ろにnotをつけるだけ!

 

覚え方は簡単ですね。

She cannot speak english.

 

疑問形は【助動詞+主語+動詞の原形】になります。

Can she speak english?

 

助動詞の基本的な用法が分かったでしょうか?

 

それでは、今回は助動詞「can」について詳しい説明をしていきますね!

 

助動詞「Can」能力や許可

 

助動詞canの覚え方

この助動詞はかなり使用頻度が高いのであなたも知ってると思います。

「〜することができる」という意味ですね。

 

canは今の能力を表す助動詞で、技能や知識、やり方などを知っているときなどに使います。

 

I can see you tomorrow.

明日会うことができるよ。

 

He can speak Chinese,but he cannot write it.

彼は中国語を話すことができるけど書けない。

 

 

またもう一つの意味として「〜してもいいよ」という使い方もあるので覚えておきましょう。

 

You can buy this book.

この本を買ってもいいよ。

 

You can turn on the music here.

ここで音楽をかけてもいいよ。

 

canとbe able toの使い方ってどう違うの?

 

スポンサーリンク

 

canとbe able toはどちらも「〜することができる」という意味です。

 

では、どのように使い分けるのでしょうか?

 

普通はcanを使いますが、例えば「〜することができるだろう」といったように未来のことを表すとき will can というような使い方はできません。

 

助動詞を続けて使うことは文法上できません

 

そんなときに「will be able to」を使えば「〜することができるだろう」という表現ができるようになります。

 

「will, should, would, must, may, might」 などの助動詞と一緒に使う場合には

必ず<助動詞 + be able to>という用法になります。

 

You will be able to run faster.

きみはもっと速く走れるようになるよ。

 

過去を表すcould /was able toの違いって何?

 

「〜することができた」を助動詞で表すとcould /was able toを使います。

 

この助動詞の覚え方としては

実際に能力があってその行動を行った( 過去の一回限りの動作) ときにはwas able toを使うと覚えてください。

 

She was able to find a job inTokyo after graduating.

彼女は卒業後、東京で仕事を見つけることができた 

 

I was able to run 10km yesterday.

私は昨日10km 走ることができた。

 

※過去にある能力があったことを表すならcould もしくはwas able toを使います。

I could play the piano when I was a child.

私は子供の時ピアノが弾けた。

 

 

※ ある動作が出来なかった時には(否定文)どちらも使えます。

I could not meet my friend.

I was not able to meet my friend.

私は友達に会うことができなかった。

 

この助動詞の簡単な覚え方としては

・could 過去の能力

・was able to 実際にしたこと

この2つの違いを覚えておけば分かりやすいと思います。

 

 

助動詞canの覚え方とまとめ

 

①能力・可能  I can 〜

〜することができる。

 

②許可  You can〜

〜してもいいよ

 

③過去の能力  I could〜

〜することができた

 

④could 過去の能力  \  was able to 実際にしたこと

~することができた

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら