たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

スポンサーリンク

 

今回は英語の質問の例文をいろいろとご紹介します。

そのままでも使えるし、他のフレーズと一緒に使ってもOK!

英会話やメールでもこれらの例文を使ってあなたの表現力をアップさせましょう。

逆に誰かに例文のような質問をされたときでも、今回その意味を知ることですぐに回答することもできます。

 

英語で質問する例文

 

 

質問フレーズを使いこなすコツは、頭で覚えないで口で覚えるということがポイントです。

 

以下の例文の内容を見たら分かると思いますが、とっても短いフレーズばかりですね?

 

重要なのは、しっかりと音読するということです。

声に出して何度も繰り返し使ってみることで、体に染み込ませましょう!

 

※音読の効果と方法はこちらの記事をご覧ください。

英語の音読の効果的な方法とは?こんな音読は効果なし!!

 

 

英語の質問 「What」を使った例文

 

What for? 何のために?

with what 何と?

about what? 何について?

on what? 何の上に? 何について?

in what? なんの中に

so what? だから何?

What kind? 種類は?

What happened 何が起きたの? どうしたの?

Waht do you do? お仕事は何をしているのですか?

 

What are you + 〇〇  何を〇〇するの?という日常でよく使う質問のフレーズになります。

〇〇の部分の動詞を変えるといろんな場面に対応できるのでぜひ覚えておきましょう。

 

What are you doing romorrow? 明日は何をするの?

What are you looking for?  何探してるの?

What are you looking at?  何見てるの?

What are you going to do? これから何をするの?

What are you thinking about? なにを考えているの

What are you drinking? 何飲んでるの?

What you think? どう思う?

 

 

英語の質問 「How 」を使った例文

 

for how long? どのくらいの間?

How far? との位遠いの?

How many? 何個?

How much? いくら?

How often? どのくらいの頻度?

How come? どうしてそうなったの?

 

 

英語の質問 その他の例文

英語の質問例文

why? なんで?

with who? 誰と?

for who? 誰のために?

at where? どこで?

to where? どこへ?

Where did you learn? どこで習ったの?

Where is it?  どこにあるの?

Whose is it? 誰のですか?

Do you know? 知ってる?

Do you understand? 分かる?

Do you see? 見える?

Did you finish? 終わった?

when are you going back いつ戻ってくるの?

Did you try~? ~は試してみた? ~は食べてみた? ~には行ってみた?

Can I help you?  手伝おうか?

Are you all right? 大丈夫?

Is this yours? これ君の?

which one? どっち?

which way? どっちの道?(方向)

How is it? どんな感じ?

 

 

英語の質問「Have you been~?」の例文

 

スポンサーリンク

 

この「Have you been~?」という質問フレーズは日常でとてもよく使われます。

Have you beenにつづく内容を変えるだけで、いろんなシチュエーションに使える便利な質問です。

ぜひこの例文を覚えて使ってみてくださいね。

 

Have you been~?   今までに~に行ったことある?

Have you been to Okinawa? 沖縄に行ったことある?

Is this your first time? 今回が初めてですか?

 

Have you been there? そこに行ったことある?

toがつくのは、町の名前や国、特定の地名などです。thereの場合はtoがつかないので注意してくださいね

 

Have you been playing tennnis lately?  最近テニスやってる?

What have you been~? 何をしてたの?

What have you been doing these days? 最近何してるの?

 

When have you been~?   いつ~していたの?

Where have you been?  どこにいたの?

Why have you been~?  なんで~したの?

How have you been?  元気にしてた?

How long have you been living in Kyoto? どのくらい京都に住んでたの?

 

今回ご紹介した英語の質問の例文は基本的なものです。

フレーズを変えれば英会話でも使える質問なので、ぜひマスターしてみてくださいね。

さらに質問例文は追加していきますので、あなたのい会話の表現が広がれば幸いです!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら