たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

スポンサーリンク

 

英語の助動詞can couldの使い方

 
 
ネイティブが日常会話でよく使う助動詞に「can」「could」があります。
 
学校の授業などでは「could」は「can」の過去形であるということは習ったと思います。
 
だけど助動詞として、それ以外の使い方もあります。
 
今回はこの2つの助動詞「can」「could」の具体的な使い方や覚え方をお伝えします。
 
 

助動詞 can の覚え方と使い方 【許可】

助動詞canの覚え方と使い方

 

 
許可を表すcan
 
「〜してもいいよ」と相手に対して許可するときには
 
You can〜
 
You can use my bicycle.
僕の自転車使っていいよ。
 
You can open the window.
窓を開けてもいいよ。
 
 
 
 
逆に許可しない場合は
You can’t〜を使います。
 
 
You can’t speak during the meeting.
会議中は話してはいけません。
 
You can’t park your car.
車を駐車してはいけません。
 
 
 
許可を求めるとき
 
「〜してもいい?」と相手に対して許可を求めるときは
 
Can I 〜 
 
Can I turn on the music?
音楽かけてもいい?
 
Can I carry your package?
荷物を運びましょうか?
 
 
 
もっと丁寧に言うなら
Could I〜 〜してもよろしいでしょうか?
 
Could I use your pen?
あなたのペンを借りてもよろしいでしょうか?
 
 
 
Can I 〜の答え方は?
 
「いいですよ」と答えるときは
Yes,you can.
 
Yes,of course
 
Yes,please
 
Sure
 
 
「いいえ、ダメです。」と答えるときは
 
I’m sorry,you can’t.
 
I’m afraid you can’t.
 
と覚えておくといいでしょう。
 
 
 
Can I have〜
 
「〜をください。」
 
 
お店で買い物する時やレストランなどで使うことがあるので覚えておくといいですね。
 
 
Can I have some water, please?
 
お水を頂けますか?
 

英語の助動詞can couldの使い方【依頼】

スポンサーリンク

 

 
「〜してくれる?」と相手に対して何か頼むときは
 
Can you〜
〜してくれる?
 
丁寧に言うなら
Could you〜
〜してくれませんか?
 
もっと丁寧に言うなら
Could you possibly〜
〜していただけないでしょうか?
 
 
Can you show your room?
あなたの部屋を見せてもらってもいい?
 
 

助動詞「could」の使い方

canの過去形はcouldとならった人は多いと思います。
 
He can run.
 
彼は走ることができる。
 
このフレーズを過去形にすると?
 
He could run.
 
という文になりますよね?

ところがこれ、間違いとまではいかなくても、実は「走れた」の意味じゃないんですよね。

しかしcanの過去形をcouldと教えてきた教育自体に問題があるんです。

あなたも授業ではそう習ったと思います。

厳密に言えばcanの過去形はcouldではないんです。

「じゃあcouldっていったい何なの?」

ネイティブが使うcouldには実はこういうニュアンスがるのです。

 

仮定法 →「~できるだろう(~能力があるであろう)」

本来のcouldは「仮定法」として使い「過去形」ではないんです。

ということはさっきの例文の

 He could run.

この文の本来の意味は

「彼は走れた」のではなく、「彼は走ることができるだろう(走る能力がある)というニュアンスになるんです。

 

推量や可能性を表す

 

英語で質問する例文

 

can couldは推量や可能性を表すときにも使います。

例えば

It can be cold in Hawaii.
ハワイでも寒くなることはある。

It couldbe cold in Hawaii.
ハワイでも寒くなることがあるかもしれない。

この2つの例文のように「~かもしれない。」と可能性がある場合に使います。

 

より可能性が低いときは「can」より「could」を使います。

canよりもさらに話し手の自信がないことを表すことができます。

 
 

助動詞can、couldの覚え方とまとめ

 
・許可する
You can〜〜していいよ。
 
You can’t〜
〜してはいけないよ。
 
 
・許可を求める
Can I 〜 〜してもいい?
 
Could I〜 〜してもよろしいでしょうか?
 
 
・依頼
Can you〜〜してくれる?
 
Could you〜
〜してくれませんか?
 
Could you possibly〜
〜していただけないでしょうか?
 
・推量や可能性
 
Can
~かもしれない。
 
Could
~かもしれない。
(ひょっとしたら可能性がある)
 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら