スポンサーリンク

英語で注文 レストラン「お持ち帰りするときには?」

 

アメリカのレストランで食事をする際日本と同じ感覚でたくさん注文してしまうと大変なことになることがあります。

それは食べ物の量が多いということです。


大食いの友達が、「俺は余裕だね!」と張り切って注文したところかなり残すハメになったことがありました。


ファーストフードでも、Lサイズを注文したらポテトの量やジュースの大きさに驚かされます。

 

もし注文したものが食べきれなくて、たくさん残ってしまった場合はお持ち帰り用の容器をもらいましょう。

 

そんなときはどのように言うのでしょうか?

 

残った料理を指差して

★Can I have a container for this?

 

 


「これを持って帰るための入れ物をください。」という意味になります。

容器が2つ欲しいときは『two containers』 でOKです。

 

『container』ではなくて『a to-go box』でも伝わります。他には『a doggy bag』でもOKです。

なぜdoggy(犬)?と思う人もいるでしょう。

 

犬にあげるから持って帰るという意味に思えますが実際は人が食べるという意味で使います。

AMSTERDAM - Een doggybag. Natuur & Milieu gaat doggybags verspreiden onder restaurants. De milieuorganisatie wil in Nederland het taboe doorbreken dat rust op het mee naar huis nemen van overgebleven voedsel. ANP REMKO DE WAAL

必ずしも食べきれるわけではないのですから。食べ物の値段がとても安いアメリカならではの会話だと思いました。

・Can I have ~?は、以前ご紹介しましたが、

いろんなシチュエーションで使える定番表現ですのでマスターしてくださいね!

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

海外旅行【英会話アプリ】「Yubisashi」がスゴイ!

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。