たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

スポンサーリンク

 

wantとneedの違いを簡単に言うと、

★wantは「不足しているものが欲しい」

(欲望に基づいて自分の意思が介入する。)

 

★needは「必要としている」

(必要性があるからとりあえず使いたい)

 

例えば、

職場で上司があなたに「ちょっと手伝ってくれるかな?」と言う場合はこう表現します。

I need your help.

夕食の準備をしている母親が、あなたに手伝って欲しいと伝える場合は

I need your help in the kitchen!

以上のような場面では『need』 を使います。
『want』と『need』は似たような意味ですが、使い方に違いがあります。

下の例文は『want』と『need』のどちらが当てはまるか、考えて下さいね。

1.We all _______ water to survive.
(生きるためには水がいる)

2.I ______ pasta for dinner tonight.
(今晩の夕食のためにパスタがいる)

3. ‘_______’ expresses desire.
(強い願望)

4. ‘_______’ expresses necessity.
(必要なこと)

さて、あなたの答えはどうなったでしょうか?
答えは

 

 

スポンサーリンク

 

1 need
2 want
3 want
4 need

『need』は、『want』よりも強い意味になります。
つまりその話し手にとって、それは必要なものになります。

Need-Want-600x535

1の例文なら、人間は水がないと生きていけないくらい必要なものなので「need」
2はパスタの代わりは別に他のものでもいいですよね。なので「want」になります。

最初の例文で上司が「I need your help.」と言ったのは、ある仕事がとても大変で一人ではできないので
「手伝って。」と言っているわけです。

「want」と「need」の使い方は分かったでしょうか。
今日もいろんな例文自分で考えてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら