たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

スポンサーリンク

 

あなたは会社で一大プロジェクトに参加することになりました
さらたそのリーダーをやってもらえないかというオファーがありました。
責任重大なこのポジションに就くかとても迷っているあなた

・I haven’t decided that yet.

前回、現在完了形をお伝えしましたが
この場合も現在完了形を使うということがお分りですよね。

オファー受けた時から(過去のある時点から)今現在に至ってもまだ決めることができていない
その状況を現在完了形で表現しています。

『that』は、前の会話の内容(プロジェクトのリーダーを務めるか)のことです。

ema-to-decide-on-whether-to-give-positive-nod-to-otsuka-and-lundbeck-following-their-submission-of-marketing-authorization-application-maa-for-schizophreni
こういう場合は『whether』を使うとで、より内容が分りやすくなります。

『whether』は何か2つの可能性がある場合によく使います。

★動詞 + whether + 可能性

 

 

スポンサーリンク

 

・I haven’t yet decided whether I will accept the job offer.
(そのプロジェクトのリーダーを務めるかどうか、まだ決めていない。)

・I haven’t yet decided whether to go shopping.
(ショッピングに行くかどうかまだ決めていない。)

他の使い方として二つのうち、どちらにするかまだ決まってないときもwhetherが使えます。

「大学に行くか、それとも就職するかか、まだ決めていない。」という場合は?

・I haven’t decided yet whether I’ll go to college or get a job.

日本語でも「まだ決まってないんだ。」という場面はよくありますよね?
そういう場面に遭遇したらwhetherを使って英語にしてみましょう!

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら