たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

スポンサーリンク

英語で注文 レストラン「お持ち帰りするときには?」

 

アメリカのレストランで食事をする際日本と同じ感覚でたくさん注文してしまうと大変なことになることがあります。

それは食べ物の量が多いということです。

大食いの友達が、「俺は余裕だね!」と張り切って注文したところかなり残すハメになったことがありました。

ファーストフードでも、Lサイズを注文したらポテトの量やジュースの大きさに驚かされます。

 

もし注文したものが食べきれなくて、たくさん残ってしまった場合はお持ち帰り用の容器をもらいましょう。

 

そんなときはどのように言うのでしょうか?

 

残った料理を指差して

★Can I have a container for this?

 

 

「これを持って帰るための入れ物をください。」という意味になります。

容器が2つ欲しいときは『two containers』 でOKです。

 

『container』ではなくて『a to-go box』でも伝わります。他には『a doggy bag』でもOKです。

なぜdoggy(犬)?と思う人もいるでしょう。

 

犬にあげるから持って帰るという意味に思えますが実際は人が食べるという意味で使います。

AMSTERDAM - Een doggybag. Natuur & Milieu gaat doggybags verspreiden onder restaurants. De milieuorganisatie wil in Nederland het taboe doorbreken dat rust op het mee naar huis nemen van overgebleven voedsel. ANP REMKO DE WAAL

必ずしも食べきれるわけではないのですから。食べ物の値段がとても安いアメリカならではの会話だと思いました。

・Can I have ~?は、以前ご紹介しましたが、

いろんなシチュエーションで使える定番表現ですのでマスターしてくださいね!

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

海外旅行【英会話アプリ】「Yubisashi」がスゴイ!

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら