たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

社会人の語学留学のおすすめ

海外から日本を訪れる外国人観光客をあちらこちらで見かけるようになりました。

英語は世界共通語ですので、英語をしゃべることができれば、世界各国の人々とコミュニケーションを取ることができます。

彼らと話をすることによって、自分の持っていたその国の人々に対する先入観が間違っていたことに気づくことがあります。

そのことにより、自分の視野が広がり、人間性の育成にも良い結果が期待できると思います。そこで語学留学をして英語力を上達させるための情報を発信したいと思います。

 

 

海外留学の際の学校選び

社会人に限らず語学留学の際には語学学校というのが一般的になると思います。

アメリカ、オーストラリア、カナダなどが人気ですが、ものすごくたくさんの学校があり選ぶのもたいへんです。

自分なりの基準を持って選んでみると良いと思います。

英語を上達させるには、なるべく長い期間、現地に滞在することがおすすめです。

そこで、語学留学の費用、滞在費、生活費などは大事な要因となります。

 

スポンサーリンク

 

地方と都会のどっちを選ぶか?

 

社会人の語学留学は都会か田舎か?

 

社会人の語学留学となれば、自分の働いてきたお金で留学しますので、費用を抑えてできるだけ効率よく英語の勉強をしたいものです。

そして、願わくば、海外留学したことが先々の人生に少しでも役立てば御の字なわけであります。

同じ国であっても、田舎の地方都市と都会とでかなりの差が生まれてきます。

 

たとえば、都会で3か月にするか地方都市で4か月にするかというような選択になるかと思います。

しかし、都会が好きなのにムリして田舎の学校を選んでしまい、寂しさでホームシックにかかり帰国した、なんてことになってもいけないので、自分の好みなどもよく吟味して選んだ方が良いでしょう。

いろいろな見分を広げたり、都会生活になれている人は都市部がおすすめですが、田舎でのんびりと勉強したいという方は地方を選ぶといいでしょう。

 

しかし、注意点があります。

 

それは学校の立地です。

 

あまり不便な場所ですと通うのも大変になりますし交通費もかかります。

日常生活では休日の外出や買い物などにも不便になる恐れもあるので、生活必需品を買うのに苦労するような場所はおすすめしません。

社会人の方はすべては自分のお財布から出さなくてはいけませんので、細かいことですが重要なポイントです。

社会人の語学留学は田舎か?

 

 

語学留学で注意することとは?

英語上達のためには当然ですが、なるべく英語漬けの環境に自分を置くということです。

なるべく日本人の少ない都市、学校を選ぶというのも良い方法かと思いますが、たいてい日本人はどこにでもいます。

 

学校にはいろんな国からの生徒さんがいますので積極的に交流を持つようにしましょう。

ここで少し注意点ですが「私は英語の勉強に来たので、日本語は話さない」などと、かたくなに日本人との接触を拒む人が稀にいるようですが、それも問題です。

海外での日本人のコミュニティは狭いので、うわさは瞬く間に広まり、日本人同士で気まずい雰囲気になります。

現地ではいろいろと困ったことが起こることもあり、助け合いも必要ですので、日本人のお友達も大切です。

社会人ともなれば、人付き合いも語学留学の一部と思って協力していきましょう。

英語で自己紹介 社内 ビジネス

 

 

英語のレベルによるクラス分け

語学学校では、英語のレベルにそってクラス分けがされます。

そのクラス分けに不満を持つ生徒も多く、クラスの変更を希望する生徒さんもいます。

あまりに自分の英語力との違いがあれば、変更もいいでしょうが、まずはそのクラスで頑張ってみるのもおすすめです。

不満ばかり言っていてもきりがありません。

先生の話やクラスメートの話を聞くことでも英語力が身につきますし、新たな発見があるかもしれません。

英語の試験の種類 TOEIC

 

いろいろな国からの生徒さんと話すことで、その国のアクセントやイントネーションを学ぶ勉強になります。

英語はネイティブが話すだけではありません。

むしろ、英語圏でない国の人と話すことの方が多いかもしれません。

そのときに、ネイティブ以外のアクセントではわからないというのでは、英語をコミュニケーションのツールとして使うことができないということになってしまいます。

 

・たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

 

現地でのライフスタイルはどんな感じ?

社会人や学生の語学留学で生活するスタイルは、大きく分けてホームステイ、シェアハウス、一人暮らしなどがあります。

ホームステイは現地のホストファミリーと一緒に生活しますので、英語の環境に身を置くことができますし、その国の生活様式を知りたいならおすすめです。

また、現地の方の独特の言い回しなどを覚えることができます。

ホームステイ先は選ぶことができませんので、ある程度、運というのがあり、不満の声を聞くこともあります。後から延長することもできますので、最初は短い期間で申し込みすると良いかもしれません。

 

社会人の語学留学はシェアハウス

 

シェアハウスは他の国の生徒さんなどと一緒に生活しますので、生徒さん同士の情報交換などができますし、ホームステイと違い、ある程度は自分の生活リズムに沿って過ごすことができます。

 

あとは、上級者向きですが、ひとり暮らしをして自分の自由に過ごしたいという人もいると思います。

費用としてはホームステイがいちばん高くなるかと思います。

社会人の方が語学留学するなら、費用の面では学生よりも有利ですが、それでも安いに越したことはありません。

シェアハウスは安いところを選べば、かなり費用を抑えることができるかもしれませんが、あまり粗悪なシェアハウスですと、衛生面や安全面で疑問が残ることになるかもしれません。

特に日本人の女性の場合ですと、メンバーによっては受け入れがたいシェアハウスもあるかと思います。

 

 

社会人の語学留学のまとめ

 

社会人の語学留学は学生と違って、すでに就職している状況です。

職場に籍を置いたまま語学留学できる仕事ならいいのですが、もし退職して語学留学をしたいと考えている方、自分のキャリアを捨ててまで語学留学をする必要があるのかをまず自分に問いかけてみましょう。

私だけかもしれませんが、今までに社会人で仕事を辞めてまで語学留学をして、後悔していない、良かったという人はあまり知りません。

私がニューヨークにいた頃、社会人で語学留学に来たのはいいけど、実際は遊んでばかりで勉強せず、アメリカに滞在したいけど、お金が尽きて仕方なく日本に帰った人も何人か知っています。

 

しっかりと自分のビジョンを持って、何のために語学留学に来たのかという目的を絶対に忘れないようにしてください。

「英語を学びに来た」という目的よりももっと先のこと、つまり、英語を使って何をしたいのかということを心に留めておくことが大事です。

そうすれば、語学留学に来た目的も明確になり、英語力の伸び方も全然違ってきます。これは学生だろうが、社会人だろうが関係ありません。

「自分は絶対できる」と、あなたの力を信じて頑張ってみてください。

陰ながら応援しています!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

・映画を英語の勉強法で使う効果的な方法とは?

・TOEICや英会話に効果的!!スタディサプリイングリッシュ

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら