海外留学で英語を学ぶ

 

今回は私が海外留学をしたときの経験をもとにお伝えしたいと思います。

当たり前のことですが、海外留学に行くのは英語の勉強をする上でとても役立ちます。

その理由の1つとして海外留学に行くと無理にでも外人と話すことになるからです。

 

普通の海外旅行とは違い、ほとんどの場合、大学の講義での英語の使用や大学生同士のコミュニケーションでの英語の使用が義務づけられます。

いやでも英語学力が鍛えられる環境におかれるわけです。

またTOEFLの勉強を留学の前に強いられることになるのも上達の近道になりました。

 

海外留学に行くならおすすめするのはアメリカです。

アメリカの大学プログラムは日本人にやさしいという点があります。

もっとも他の大学に通った事がないのでそこまでわかりませんが・・・アメリカでのプログラムはかなり助けになってくれるはずです。

英語力はこれから日本で仕事をする上でも、とても必要になるので本気で英語を学びたいなら留学をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

 

海外留学では英会話力がつきますが、単語というよりもフレーズで覚えることで英会話力が飛躍的にあがりました。

”Today I will talk about~”などの決まった文句を覚えるとエッセイを書くのに便利だったのはいい思い出です。

これから海外留学がいかに語学力UPにいいかを解説します。

学校はとても良い交流の場所です。是非参考にしてください。

 

 

英語の訛りも聞き取れるようになる。


私が留学に行ったのはアメリカでした。

アメリカはイギリスの英語と違って日本人には少し聞き取りにくい英語です。

アメリカの英語訛りがあって州や地域によって違います。

その都度耳の聞き取りを変えなければいけないのもあってか頭が痛くなる事も何回もありました。

でもこの”頭が痛くなる”というのはやっぱり英語脳を作るうえで一番大事というのを大人になる程実感します。

その時は辛かったこともありましたが、いま思えばそれが私の英語力を鍛えてくれたのです。

 

 

英語はアナウンサーのようにきれいな発音の人ばかりではありません。いろんな国や州によって訛りがあるので、それらを聞き取れるようにならなければ意味がありません。

日本の英会話教室などと違って海外留学は多様なリスニング力もアップできるという点がメリットになります。

 

・英語のリスニングは正しい発音を知らないとダメ!!

 

コミュニケーションがとても楽しくなる


英語で外人とコミュニケーションをとることで英会話が飛躍的に上達します。

週末になると学校の友達とパーティをすることも少なくありません。

英語が上手くなると学校の友達とパーティーをするのが楽しくなります。

楽しくなるとパーティーに出席する機会が多くなってまた英語を覚えるようになります。

相乗効果で語学力が格段にUPしていくのです。

 

海外留学でパーティに参加

 

コミュニケーションをとるのが楽しくなればこっちのものです。

もちろん暗記しなくても覚える単語量も増えていきます。わからない単語があれば積極的に聞いてください。

そこまで行けばあとは自然に英語が上達するのを待つばかりです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

学校の授業(ESL)(English as Second Language)が文法を強くする


学校の授業も馬鹿には出来ません。

授業では(English as Second Language)というコースがあります。

このコースは週1回程度エッセイを書くことを義務付けられています。

この授業は単語力だけでなく文章構成能力を飛躍的に上達させます。語学力もかなり増やしていくいい機会になると思います。

文章構成能力が伸びると長い会話にも役立ちます。長い会話が苦手という方は特にこの授業をおすすめします。

 

English as Second Language

 

このコースでは英会話でたくさんの留学生と話すことが出来ます。

留学生のためのコースなのでテストもさほど難しくはありません。

他の留学生と話すとやる気UPにもつながるので参考にしてください。

これが英会話上達への近道です。

 

・注意!英語の勉強法で初心者がやってはいけないこととは?

 

価値観の幅が広がり見えないものが見えてくる

 

外人の友達をたくさん作ることで英語以外のいろんなことを学ぶことができます。

海外の情報は英語の把握の上でとても重要なことです。英語がどんなに話せたとしても情報がなければ会話に齟齬がうまれます。

 

 

例えばインスタグラムが最近流行っていますが、”インスタグラムやってる?”と言われてもやったことがなければインスタグラムの会話についていくことはできません。

私のときはFACEBOOKでした。友達に「FACEBOOK使ってる?」と聞かれたときは当時、まだやったいなかった私は何を言われたのかわからなくて戸惑った記憶があります。

特に海外での学校の友達との交流でうまれた情報は日本にいるときと違い新鮮なものが多かった記憶があります。

流行はいつも海外からやってくるのを想像すれば分かりやすいかと思います。

 

 

海外留学で英語を勉強 まとめ


海外留学ではたくさんの事を学ぶことができます。メリットは大きく分けて4つあることを解説しました。

もちろん単語の記憶量も友達と話していくだけで多くなっていきますし、様々な情報を得るいい機会になるのです。

英語の勉強は一朝一夕で身につくものではありません。語学留学では英会話が特に上達するといわれていますが、まったくもってその通りです。

 

日本に帰った後、海外留学で身に着けた英語力を使って何を目的としているのかが一番大切です。

ただ英語が話せればいいという方はあまりいないと思います。英語を身に着けたい人には何かしらの目的があるはずです。

英語をマスターするのはその目的のための手段にすぎないことを忘れないようにしてください。

 

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

・たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

 

・独学で英会話【3つの方法】でマスターする

・TOEICや英会話に効果的!!スタディサプリイングリッシュ

 

スポンサーリンク

 

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!
あなたは「英語を英語で理解する」ことなんて自分にはできないと思っていませんか?
たくさんの人がそう思っているでしょう。しかし、ちょっと考えてみてください。

例えばあなたが「Thank you very much」と言われたとき、頭の中で「あなたにとても感謝しています」とわざわざ日本語に置き換えていますか?

違いますよね?

誰もが頭の中で日本語に変換せずに「感謝してくれた」「お礼を言ってくれた」と英語のまま解釈しているはずです。

つまり「あるコツ」をつかめば他の言葉だってそれが可能になるんです。
「日本語に訳さず英語を理解するということ」これができるようになる方法の続きは無料メルマガでお伝えしています。
メルマガでは私が英語講師をやっている経験から得た英語の効率的勉強法やブログでは
お伝えしていない裏技などをお伝えしていきます。