たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

一発解消!受動態とは?わかりやすく解説!能動態と受動態

「英語の受動態をしっかりと理解したい!」

「能動態と受動態の違いや変換ってどうするの?」

「そもそも受動態がよく分からない・・・」

 

英語の文法を理解する上で受動態は避けては通れない表現です。

試験の長文でも日常英会話でも受動態はよく使われます。

ほら、いまも!「使われる」

今回は英語の受動態を3回にわたって徹底的に解説していきますので、この機会にぜひマスターしてくださいね!

 

スポンサーリンク

受動態とは?分かりやすく解説 〇〇する→〇〇される

 

 

①The box was opened. 

箱が開けられた。 

 

この例文は日本語で「箱を開ける」ではなく、誰かに「開けられた」という表現になっています。

 

「する→される 」

・答えを当てられる。

・お菓子が配られる。

・行動を怪しまれる。

・彼女に甘えられる。

・本を売られる。

・服を着せられる

・煙草を吸われる

・ライトで照らされる

 

分かりやすく言えば「~する」が「~される」「~された」という表現になることを受動態といいます。

ちなみに「~する」の方は能動態といいます。 

 

能動態と受動態
~する:能動態

~される:受動態

 

英語では 

主語be動詞過去分詞

The box was opened

 

で受動態を作ることができます。 

 

もうひとつの例文を見てみましょう。 

② This fish was eaten by the cat.    ※ eatenはeatの過去分詞

この魚はネコに食べられた。 

 

例文の場合、「食べる」ではなく「食べられた」という受動態の表現になっていますね。

ちなみに能動態だとThe cat ate this fish. (ネコがこの魚を食べた)となります。    ※ateはeatの過去形

 

 

英語の受動態 食べられた

 

受動態の「する側」と「される側」

 

①The box was opened. 

箱が開けられた。

②This fish was eaten by the cat. 

この魚はネコに食べられた。

 

①と②はどちらも「~された」という受動態ですが2つの違いが分かりますか? 

 

①は「箱が開けられた」だけなので、誰が開けたかは書かれていません。

 

ところが、②の例文では「この魚はネコに食べられた。」 

「される側」=魚だけでなく、「する側」=ネコも登場している点です。 

ネコのせいで魚が食べられたということが分かります。

 

③My car was crashed by the accident. 

私の車は事故で壊れた。 

 

受動態英語 事故られた

 

③の例文も「される側」=車と「する側」=事故、つまり事故が原因で車が壊れたという意味になります。

 

受動態は基本的には「~される」という部分を作れば成り立っことができますが、②③のように「誰(何)によって」されるのかを必要があれば付け足すことになります。 

 

受動態の作り方は 

主語十be動詞十過去分詞ですが、言いかえると

される側十be動詞十過去分詞byする側 

になります。

 

この形は受動態の基本なのでしっかり覚えておきましょうね!!

 

 

①の例文を能動態と受動態で見てみると?

能動態:ネコがこの魚を食べた。

受動態:この魚はネコに食べられた。

 

能動態でも受動態でも内容自体はそんなに変わらなですよね? 

 

じゃあ受動態とはどんなときに使うの?

と疑問に思った人もいるでしょう。 

 

スポンサーリンク

受動態ってどんなときに使うの?

 

それでは、例文①を使って説明しますね。 

 

A:能動態 The cat ate this fish. (ネコがこの魚を食べた。) 

B:受動態 This fish was eaten by the cat. (この魚はネコに食べられた。) 

 

Aの日本語はネコが主語になっています。。

この場合はThe catですね。 

 

一方、BはThis fishが主語になっています。

英語は基本的に主役になるものが主語におかれます。 

内容も「この魚はネコに食べられた」と魚が話の中心になっているのが分かると思います。 

 

つまり、受動態は話の中心にしたいものを主語にもってくることで、同じ意味でもニュアンスが違ってくるのです。 

 

 

受動態は無理して作らない! 

 

では下の日本語を受動態にするとどうなるでしょうか?

 

母は朝ごはんを作るために6時に起きて、7時に作った。 

①My mother got up at six to cook breakfast and did it at seven. 

 

 

②My mother got up at six to cook breakfast and it was cooked at seven.

 

 英語受動態 作られた

 

「It(朝ごはん)は7時に作られた」という意味になります。 

たしかに、「it was cooked at seven」とうい文法自体は間違っていません。

 

ただ受動態というのは、話の中心になる人(物)を主語に持ってくるのが基本でしたね? 

この場合、最初の文章の主語は「母」でand以降の文ではit (朝ごはん)が主語になっています。 

つまり主語が2つになっています。

 

②の受動態だと最初の文の主語(My mother)と別の人によって朝ごはんが作られたようになってしまうのです。

 

受動態を使うのは「する側」ではなくて「される側」が話の中心になる場合だけです。 

この文全体から主人公は母と思われるので、わざわざ主語を2つにして話をややこしくする必要はありません。 

実は、①の文は受動態を使わずに、そのまま言えば OK なのですが、 ついつい無理やり受動態にしてしまいがちなので注意しましょう!

前の文と後ろと文の関係をみて、無理やり受動態にすることのないようにしてくださいね! 

 

ここまで、受動態の基本を学んできましたが、日本語で「~される」という言葉がすべて受動態になるかといえば、そうではないんです。

ここが受動態を間違えやすいポイントです。

例えば、「頭痛に悩まされる」という日本語は「~される」という表現になっていますが、これは実は受動態ではないんです。

 

なぜか?

 

続きはこちら

必見!受動態の疑問文と間違いやすい単語を例文で解説!

 

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら