たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか?

だれと話したいですか?

どこに行きたいですか?

今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。
そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。

正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。

その学習方法が【7+English】です。

今なら60日間続けて効果がなければ全額返金保障がついているので安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら

社会人になって長期語学留学を実際に体験してみた!

2020年開催の東京オリンピックの決定以来、仕事などで英語を使う機会が増えてきているのではないでしょうか。

昇進の条件にTOEICの点数を求める会社もあり、社会人としてキャリアアップする為に、今や英語力は必須となっています。

以前は留学といえば学生のものというイメージでしたが、最近では社会人の語学留学も増えています。

今回は、私の教室に通っていたTさん(現在主婦の方)の体験談として「社会人が長期間語学留学する方法」について記事にしてもらいました。

 

スポンサーリンク

 

語学留学、短期と長期の違い

海外で英語を学ぶもっとも一般的な方法が語学留学です。

期間も1週間という短期から1年間の長期まで自分のプランに合わせることが出来ます。

1週間程度の短期間なら社会人でも休暇を利用して気軽に語学留学することが出来ます。

 

また、語学学校の種類も、基本的な英会話を学ぶ学校から、ビジネス英語に特化したものまであります。

中には、語学留学に料理学校などのお稽古留学の組み合わさったものもあるので、自分の目的や予算に応じて自由にカスタマイズすることが出来ます。

長期の語学留学の場合、学生ビザを取得する必要が出てきます。

学生ビザ

 

代表的な英語圏の留学先ですと、アメリカは90日、カナダは6 ヶ月、オーストラリアは3ヶ月、イギリス6ヶ月以上の滞在が基準となります。

その他も国によっても規定が変わりますが、留学会社に頼むと語学学校の紹介と一緒にビザの案内もしてもらえます。

ビザの取得には時間がかかりますので、機関に余裕をもってまた、働きながら語学学校に通えるワーキングホリデーというビザもあります。

 

社会人の語学留学の注意点!おすすめのライフスタイル

 

ワーキングホリデーの長所と短所

ワーキングホリデー

普通の旅行とは異なり、仕事に就く事が許されている点がワーキングホリデーの大きな特徴です。

ワーキングホリデーとは?
ワーキングホリデー(ワーホリ)はビザの種類の1つであり、現地で長期滞在することによって現地の異文化を理解し、相手国と自国の相互理解を深めることを目的として作られた制度です。 休暇を楽しむ目的で現地での生活費をまかなうための労働が許可されているという意味になります。

 

もちろん、語学学校に通うことも出来ますし、仕事をしながら自然と英語力をアップすることが出来ます。

自分でお金を稼ぐことができるので、長期間の留学でも予算を抑えることができるのが最大の利点です(^^♪

 

また、異なる国であれば、複数回このワーキングホリデーを利用することも可能です。

つまり、オーストラリアに1年、その後、カナダに1年ということも出来ます。

ただし、ビザの期間は1年間に限られており、またこのプログラムに参加できる人も18歳から30歳までに限られています。

そして、どこの国にも行けるわけではなく、ワーキングホリデープログラムに参加している国にしか行くことが出来きないので注意が必要です。

英語留学で人気の国では、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリスがこのプログラムに参加していますが、アメリカは参加していません。

参加国は年々増えていますので、随時最新情報を取得することが必要です。

語学学校の通学期間や労働期間も、国によって定められていますので、こちらもあらかじめ渡航先のルールの確認が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ワーキングホリデーで実際に語学留学してみて

私は、このプログラムを利用して1年間カナダに滞在しました。

それまでは「英語教室」に通いながら社会人をしていましたが、会社を退職し、英語力をアップさせるために、予算のかからないワーキングホリデーを選びました。

カナダの英語はアメリカ英語とイギリス英語の中間で、発音がきれいだと言われていますし、カナダは治安も良いので初めて英語圏で英語を学ぶ方におすすめです。

ただ、日本人が多く滞在しているので、人によっては日本語しか使わず英語力が伸びないこともあるので注意が必要です。

 

私は、語学学校には2か月間通い、日本食レストランでアルバイトをしました。

私は幸いすんなりと仕事が決まり働くことが出来ましたが、仕事が見つからずお金が底をつき帰国する人もいました。

ある程度の貯金を準備しておいた方が良いでしょう。

ワーキングホリデー

 

私は、元々英語が苦手だったのですが、語学学校での授業で英会話に慣れ、その後は仕事上の英会話で英語力を伸ばしました。

帰国後受験したTOEICでは850点を取ることができ、その後英語力を武器に転職することが出来ました。

 

私は1年間で帰国しましたが、プログラムの終了後に留学ビザに切り替えて大学に進学する人や、アルバイト先にそのまま就職してビジネスビザに切り替える人もいました。

自分の自由に時間を過ごせるのがワーキングホリデーの良いところだと思います。

 

私の経験大公開!社会人が長期語学留学するために知っておくこと

 

社会人の長期語学留学 まとめ

社会人が長期の語学留学をするには、会社を退職や休職しなければならなくリスクもありますが、英語力を身につけることは、それ以上のメリットがあります。

また、英語力の向上以上に自分の視野も広がり良い経験となります。

社会人の語学留学は長期、短期ともに増えており、留学の相談会や、留学前の事前の英会話学習なども無料で開催されています。

ただ、英語を話せるようになるというのが目的になってはいけないということです。

英語が話せるようになってから、最終的にあなたは何がしたいのか?

それがあなたのゴールです。

それを見失わないようにして、英語のスキルアップを目指してください。

まずは、興味のある説明会などに参加して情報収集をしてみてはいかがでしょうか(^^)

 

スポンサーリンク

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

・日常英会話で覚えるべき英語の60フレーズとは?

・翻訳機ili(イリー)の評価と口コミ、スマホアプリとどっちがおすすめ?

・TOEICや英会話に効果的!!スタディサプリイングリッシュ

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは?

まずイメージしてみてください。
もし、あなたが英語がスラスラ話せたら

何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と話したいですか?

英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。

私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。
毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。
頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・
時間のムダで終わってしまいます。
どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね!

ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。
【7+English】は60日間続ければ、あなたの英会話力、リスニング力は今とは比べものにならないほどアップします。

今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

7+English公式ページはこちら